4月 272016
 

よくテレビCMで紹介されている青汁には色々なメーカーのものがあるのですが、「自分も健康にために飲んでみようかな!」と気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで、青汁を選ぶ際に、何となく有名なメーカー、値段などを基準に検討する人は多いでしょう。でも、青汁を上手く利用するためには、原料をチェックして選ぶのがお勧めです。では、自分に合った青汁の原料を探してみましょう。

ダイエットやむくみに効果的な青汁の原料は?デトックス効果

Fotolia_92527097_Subscription_Monthly_450

特に女性には、「ダイエットして理想のスタイルを目指したい。」とか「むくみを解消したい。」と言う美容や健康の悩みを抱えている人が多いでしょう。こんな人にお勧めの青汁の原料が、明日葉です。明日葉には食物繊維やβーカロテン、ビタミンB群の他、カルコンが含まれています。

食物繊維は便秘予防に効果的な栄養、βーカロテンは肌や内臓を健康に保つ効果のある栄養、ビタミンB群は代謝を促進する栄養です。

そして、カルコンは体内に蓄積した老廃物の排出を促し、体内の循環を高める効果のある栄養です。

不眠症や美肌に効果的な青汁の原料は?アンチエイジング対策

Fotolia_53984039_Subscription_Monthly_450

心身の疲労が溜まっていると、体のバランスも肌のバランスも崩れてしまうことがあります。

それで、頻繁に不眠症や肌トラブルなどに悩まされている人にお勧めの青汁の原料は、ケールです。ケールにはβーカロテンやビタミンC、メラトニンなどが含まれています。

まず、βーカロテンやビタミンCなどのビタミンには、細胞の酸化を予防して体や肌を健康に保つ効果があります。

ビタミンCではメラニンの生成を抑制する効果があるので、シミやそばかすの予防効果も期待できます。

それから、メラトニンと言えば快眠成分で、質の良い睡眠へと導くことで心身の疲労解消に貢献してくれて、肌のバランスも整えてくれます。

参考サイト:βカロテンの効能

風邪予防やアレルギー対策に効果的な青汁の原料は?強い抗酸化力

Fotolia_108419879_Subscription_Monthly_450

「風邪を引くことが多い。」とか「アレルギー症状に悩まされている。」などと言う人はいませんか?

こんな人にお勧めの青汁の原料は、青麦若葉です。青麦若葉には食物繊維やミネラル、SOD酵素などが含まれています。中でもSOD酵素は強い抗酸化作用があって、生活習慣病や肌トラブルから体や肌を守ってくれます。

もちろん、生活習慣病以外に風邪やインフルエンザなどの感染症、アレルギー症状を予防するのにも効果が期待できます。花粉症の悩みを抱えている人には、花粉症の時期だけ青汁を飲んでいる人も多いようです。

青汁の基本的な効果はどれでも似たようなものかも知れませんが、特にどういう効果を期待するかによって賢く自分に合った青汁を選びましょう。

参考①:青汁ってそんなに健康に良いの?【青汁の健康効果・美容効果について】
参考②:「まとめ!青汁の効果について」




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)