6月 272015
 

生理の時と言えば、発生した血液がショーツから漏れないようにナプキンやタンポンを使用しますよね。実は、ナプキンやタンポン以外にも生理の時に利用できるアイテムがあるのです。

それは月経カップです。

月経カップと言う言葉を初めて聞く方も多いのではないでしょうか。月経カップは医療用シリコンで出来ていて、膣に挿入して使えるように円錐型のカップに細い棒のようなものが付いています。ナプキンやタンポンは血液を吸収するようになっているのですが、月経カップは円錐型のカップに血液を溜めるようになっています。

繰り返し使えるから経済的

ナプキンやタンポンに慣れている方からすると、血液を溜めるタイプの月経カップは漏れたりしないか不安になりますよね。もちろん間違った使い方を使用すれば漏れることもあるでしょうが、正しく膣に挿入できていればカップが膣から1.3cmくらいのところに空気が侵入しないようにセッティング出来るようです。

月経カップは10年くらい継続して利用することが出来る上に、1回の挿入で半日も持つようです。このように考えると、数時間おきにこまめにナプキンやタンポンを交換するよりも断然経済的な感じがしますよね。

使用方法と使用上の注意

ところで、月経カップは一体どういうふうに使用したら良いのでしょうか。まずは、清潔を心掛けることが基本で、月経カップに触れる前にきちんと手を洗ってください。そして、カップの部分を4つ折りに潰して膣の奥まで挿入します。挿入してからカップから手を離せばカップが開いていくので、カップが開ききったら位置を微調整しましょう。

次に、月経カップの外し方も気になりますよね。カップを外す時は、中腰で前屈みになるとやりやすいですよ。まずは、カップの下を軽く押してカップと膣の間に若干空気を入れてやります。すると、カップが膣から外れやすくなるので、左右に少しずつ揺らしながら取り出します。カップに溜まった血液は便器に流して、ティッシュで拭いて再利用しましょう。

交換する頻度とお手入れ法

トイレの中に水道があれば、水洗いをしてから再利用した方が良いかも知れませんね。お湯と石鹸で本格的に月経カップを洗浄するのは、1日の終わりで大丈夫です。さらに、生理が終わってからは数分ほど月経カップを煮沸消毒して乾燥させておきましょう。月経カップは1日に2~3回で良いのですが、出血が多い場合には数時間おきに様子を見た方が良いでしょう。
血液が月経カップから漏れそうな時には、膣の中で空気が侵入した感じがすることがあるようです。

このような場合には、もう一度月経カップを付け直してください。慣れないうちは、ナプキンやタンポンも賢く併用するのが安心かも知れませんね。自宅にいる時は月経カップにして、外出の際にはナプキンやタンポンにすると言うのも良いかも知れませんね。

ちなみに、月経カップは12時間以上継続使用するのは良くないようです。膣に挿入するものですから、タンポンと同じように衛生面に気を遣うことも大切ですね。

参考:生理中の不快な臭いを無くすための対策は?【デリケートゾーンのお手入れ法】




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)