5月 022015
 

ニキビができた後に、目立つニキビ跡が残って困ってしまった経験はありませんか。ニキビ跡でも薄めのものであれば良いのですが、中には赤みや色素沈着が酷かったり、クレーター跡が残ったりするとメイクでもなかなか隠れませんよね。

あるいは、稀に赤く肌が盛り上がったケロイド状の跡が残ることもありますよね。こういうのも、メイクで隠したところで、結局は膨らみ自体は隠すことができませんよね。

ニキビ跡ができる原因

では、こういうニキビ跡が残った場合には、どういうふうに改善したら良いのでしょうか。そもそも、ニキビ跡が残るのには、ちゃんと原因があるのです。この原因を考えるところから適切な対策を始めてみると良いかも知れませんね。

まずは、ニキビ跡と言えば、酷いニキビができることでニキビが治った後に跡が残るものですよね。

ニキビはホルモンバランスの乱れ、生活習慣、食生活などによって起こる皮脂の過剰分泌に原因があります。もちろん、皮脂が適度にあることも肌を守るためには大切なことなのですが、皮脂が過剰に分泌されすぎてしまうと毛穴詰まりが起こりやすくなります。そして、詰まった毛穴でニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖して、毛穴周りの皮膚の炎症を起こしてダメージを与えます。酷いニキビの場合には、肌の深い部分にまでダメージが及んで、肌の修復機能さえも破壊してしまいます。

さすがに、肌の修復機能が壊れてしまえば、ニキビが治ってからも肌の状態が修復しにくくなってしまいます。とは言っても、このまま諦めてしまうよりは、せめて最低限のスキンケアをして少しでも肌が修復に近付くように努力することは大切です。毎日の保湿ケアで、化粧水+適度な乳液や保湿クリームを使って肌の水分と油分のバランスを保つことも、少しでもニキビ跡を改善するために重要なことです。色素沈着の跡を悪化させないためには、紫外線対策を念入りにしておく必要もあります。UVカットの化粧品、日焼け止めクリーム、帽子、日傘などを有効活用しましょう。

また、CMでも有名なプロアクティブも効果があるかもしれませんね。

参考:ニキビの治療にプロアクティブは効果的?

クリニックのレーザー治療について

それから、どうしても改善しないニキビ跡には、クリニックのレーザー治療を受けてみるのも1つの手段です。レーザーにも色々な種類があるのですが、患部にレーザーを照射するだけで肌の修復機能を活性化できるものもあるようです。ただ、レーザー治療は1回受ければニキビ跡が無くなると言うものではなく、何度も繰り返して治療を受ける必要があります。余程軽い跡でない限りは、少なくとも5回は治療が必要になると考えておいた方が良いでしょう。

そのため、気付いた時には、数十万と言う費用がかかっていることもあるかも知れません。治療を受ける前に、カウンセリングで治療にどのくらいの回数でどのくらいの費用が必要になりそうなのか、医師にしっかりと確認を取った方が良いでしょう。また、レーザー治療によっては、ダウンタイムが必要なものもあるかも知れません。仕事や学校に支障が出てしまう可能性も否めないので、ダウンタイムに関しても確認を取っておきましょう。




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)