4月 212016
 

睡眠は長い時間取ればとるほど、健康だと言う訳ではありません。長時間の睡眠は心地良く感じますが、あくまでも自己満足に過ぎないようです。実は、ある研究では、睡眠を長く取っている人ほど、寿命が短くなりやすいことが確認されています。これが本当であれば、今まで睡眠に使っていた時間をもう少し有効に使うことができて、生活の充実度も変わってくるかも知れませんね。

もっとも死亡率の低い睡眠時間は何時間?【理想的な睡眠】

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s

ある研究では、40~70代の約10万人を10年間調査したところ、睡眠時間が7時間の人がもっとも死亡率が低いことが分かったようです。

同時に、睡眠時間が7時間よりも短い人だけではなく、長い人の死亡率が高くなることも分かったようです。

ちなみに、この研究の対象となった約10万人の平均睡眠時間は、男性が7.5時間で女性が7.1時間でした。私たちの食欲と同じで、睡眠も欲望のままに多く取ろうとすると健康を害するのかも知れません。

いや、逆に、何らかの健康上の問題を抱えているからこそ、長く寝てしまうのかも知れないとも考えられています。

深い眠りに就きやすい睡眠時間はいつ?【時間よりも質を重視しましょう】

私たちは体内時計の影響を大いに受けており、睡眠の中でも脳を休める深い眠りである「ノンレム睡眠」は、眠りに就いて比較的早い時間帯に行われています。一方、浅い眠りである「レム睡眠」は、深夜を過ぎてから行われています。

このように考えると、深夜を過ぎてから睡眠を取っても浅い眠りになりやすいでしょう

また、休日には朝になってからもダラダラ寝ている人も多いのですが、朝は太陽の光や活動中の騒音で当然深い睡眠に就ける訳がありません。

なので、できるだけ長く寝ることよりも、深い眠りに就きやすい時間帯にできる限りの睡眠を取って、決められた時間で質の良い睡眠を取ることを考えましょう。

朝起きた時や活動中の眠気を覚ますには?【二度寝はNG!昼寝はOK!】

Fotolia_83991340_Subscription_Monthly_450

「睡眠は夜の決められた時間に取らなくては!」と思っても、朝起きた時や昼間の活動中にどうしても眠たくなることはありませんか。

まず、朝に関しては、できるだけ目覚まし時計ですぐに起きるようにして、二度寝はしないようにしましょう。目が覚めた瞬間掛け布団をすぐにどけて、部屋の明かりを付けたり、窓の外を見て太陽の光を浴びたりすれば目が覚めやすくなります。

そして、起きてから冷たい水で顔を洗って、朝ご飯で脳の働きを活性化しましょう。それから、昼間の活動中に眠くなったら、午後3時までの間であれば椅子に座った状態で居眠りするのも良いでしょう。

昼間の数十分の眠りは一時的に脳を覚醒させてくれて、夜の睡眠を邪魔しません

参考①:生活リズムのズレが気になるのは、概日リズム睡眠障害のせいかも!

参考②:寝過ぎは逆効果? 長生きできる最適な睡眠時間とは




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)