5月 252015
 

どんなに付き合いの悪い人でも、家族とか恋人、友人など一緒に過ごす人がいますよね。人と一緒に過ごす時間があると言うことは、それだけ自分にとって新鮮な時間を送ることが出来て本当に充実しますよね。

一緒にいる人と体型は似てくる

ただ、「自分の体型は一緒にいる人に似る。」なんて言う情報もあるようです。一緒にいる人が痩せているのなら良いとして、太っていると自分も太る可能性があるのです。そうでなくとも、人と一緒にいる時間は、自分1人で過ごしている時とは違って30%以上も食べ過ぎてしまうと言われています。

確かに、会話が弾んでいると食べ物も美味しく感じられて、レストランに出掛けた時についついあれこれと注文してしまいがちですよね。中でも、もっとも注意した方が良いのが、恋人と一緒にいる時です。冷め切った仲ならそれほど食欲に影響しないかも知れませんが、熱々で楽しいカップルをしている時は特に注意が必要です。

恋人が太っている場合太る確率35%以上

皆さんの恋人は太っていませんか。あるいは、食欲が旺盛な人ではありませんか。もしそうだとすれば、自分が太ってしまう可能性は35%以上もあるようです。

たまに一緒に食事に出掛ける程度であれば、デート以外の日に食生活を本来のものに調整することが出来ますよね。でも、同棲していたり夫婦であったりして一緒に暮していれば、相手と同じような食生活をしてしまうかも知れません。食事の時間を共にするとは言っても、食べる量まで同じにするのではなく、相手の食べるものと自分の食べるものをきちんと取り分けて分量を調整することも大切ですね。

参考:甘いお菓子の誘惑を上手く逃れるためには?【糖質制限】

親友が太っている場合太る確率55%以上

恋人同士でも夫婦でも、どちらかが太っていてどちらかが痩せているなんて言うこともよくあります。こういう恋人同士や夫婦の場合は、痩せている側にちゃんと自身の食事の管理が出来ているのでしょうね。それから、親友が太っていると、自分まで太ってしまう可能性が55%以上もあるようです。

これは恋人や夫婦以上に太る可能性が高いですよね。相手が異性だと、多少なりとも緊張感や遠慮が入ってしまうからなのでしょうか。もし太った親友と一緒に食事に行く機会があって、「行く店は親友にお任せしよう。」と言うのは危険です。脂肪分や糖分の豊富な太りやすいメニューが多い飲食店を選んでしまうかも知れません。

多く食べてしまう時は、食べ順を工夫して

こんな時は自分がお店をお勧めして、あっさりめのメニューで済ませるのが一番です。他には、社会人にとって、同僚との飲み会は大切な食事の機会ですよね。同僚の中に太っている人の割合が多いと危険です。しかも、翌日が休みなんて言う日に飲み会があると、ついついお店に長く留まって次々と注文してしまいますよね。

「同じようにお金を払うなら少しでも多く食べた方がお得!」なんて考えたくなることもありますよね。初めに野菜とか食物繊維系を食べれば、炭水化物や脂肪の吸収を遅らせて太りにくくすることが出来ます。最初の注文はサラダ系や冷奴、枝豆などからスタートすると良いかも知れませんね。




  投稿 @5:00 AM

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)