4月 102016
 

胃の不調を感じて、すぐにでも不快な症状を軽減したいと思った時に便利なものと言えば、やはり胃薬ですよね。ただ、胃薬はむやみやたらに使用すれば良いと言う訳ではなく、使用するタイミングや使い方によっては効果を低下させてしまう可能性もありますよね。だからと言って、胃の不調を感じているのに、胃薬を飲まない訳には行きませんよね。では、胃薬は一体どのようなタイミングで使用したら良いのでしょうか。

胃薬は朝起きた時の吐き気に使っても良い?【胃酸過多を中和する】

Fotolia_84973693_Subscription_Monthly_450

朝起きた時に何となく吐き気を感じて、憂鬱な気分になることはありませんか。朝起きた時の胃の不調の原因としては、アルコールの過剰摂取以外に暴飲暴食、刺激物の過剰摂取などが考えられます。胃の粘膜が荒れているために、症状が起こっているのかも知れません。

あるいは、あまりにも空腹な状態で就寝時間を迎えると、胃の蠕動運動が落ちたり、胃酸の分泌が過剰になったりして症状が起こることがあります。

もちろん、このような時に胃薬を有効活用するのも有りですが、胃薬で胃の粘膜を修復する働きだけを補うだけではまだ不十分です。同時に、胃酸の中和によって、胃の粘膜への負担を軽減してくれるような働きも備えている胃薬を使うのが効果的です。

食欲不振の時でも胃薬が使える?【ストレス胃に効く胃薬】

疲れが溜まっている時、ストレスを感じる時、不安を感じる時などに、食欲が無くなってしまうことはありませんか?

このような食欲不振にも胃の働きが関係していて、心身の不調がある場合には胃の機能が低下しやすいものです。胃の機能が低下すれば、摂取した食べ物を胃で消化する機能も落ちてしまうからです。

「食欲不振に胃薬は関係ない。」と思われがちですが、実は食欲不振の場合にも胃薬を有効活用することができます。具体的には、胃の粘膜を守ってくれる効果があり、同時に胃の働きを活性化してくれる胃薬を使うのが効果的です。

食後のお腹の張りでも胃薬が使える?【膨満感には整腸剤】

Fotolia_76871262_XS

食後にお腹の張りが気になることはありませんか?

実は、食後のお腹の張りでも、場合によっては胃薬が使えることがあります。胃薬が使える場合としては、まずはみぞおち周辺で張りを感じる時があり、食べすぎが考えられます。食べすぎで胃に負担がかかると胃の蠕動運動が落ちてしまうので、胃に入った食べ物の分解を助けてくれる胃薬を飲むのが良いでしょう。

さらに、胃薬に胃で分解された食べ物を十二指腸に送ってくれる働きまであると、ベストです。

それから、食後にお腹が張る場合には、下腹部が張る場合もありますよね。このような場合には、便秘、腸内のガスの発生などが考えられます。なので、胃薬ではなく、整腸剤を使って腸の働きを整えると体調が改善することがあります。

参考サイト:胃の不調を予防するための対策は?【生活習慣や食生活を改善する】




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)