6月 092015
 

在宅ワーカーのように自宅で仕事ができること、自宅浪人生のように自宅で勉強できることは、自由度が高くて他人から羨ましく思われがちですよね。在宅ワーカーの方だと、子育てをしながらとか資格試験の勉強をしながら、趣味に打ち込みながらなどと、自由なシフトで働くことができるのが良いですよね。サラリーマンをしていると、どうしても勤務時間はきっちり決まっていますし、嫌々ながらも残業をしなければならないこともありますよね。

自由だからこそモチベーションの維持が難しい

気の進まない付き合いにもイベントにも、積極的に参加しなければならないことも、サラリーマンの悩みとなりやすいことですよね。自宅浪人生に関しても、予備校に行かずに自宅で勉強できることは、費用がかからないと言うメリットを大いに感じることができますよね。

でも、こんな在宅ワーカーも自宅浪人生も、決して良いところばかりではありません。ずっと自宅にいるからこそ、さらに自由が利くからこそ、モチベーションを維持することが大変に感じる方も多いのではないでしょうか。自由度が高いと言うことは、気持ち次第で一生懸命頑張ることもできますし、自由にさぼることもできてしまうのです。

時間を決めて、だらだらしないようにする

では、在宅ワーカーや自宅浪人生がモチベーションを維持するには、一体どうしたら良いのでしょうか。まずは、仕事の時間、勉強の時間をある程度決めてしまってはいかがでしょうか。仕事や勉強の時間を決めずに、「取り敢えずは、時間の許す限り頑張る!」なんて言うことをしてしまうと、だらだらと終わりの見えない仕事や勉強を続けてしまうことになりかねません。

終わり時間をしっかりと決めておけば、気持ちの切り替えもしやすくなりますよ。それから、常に新鮮な気持ちでいることも、在宅ワーカーや自宅浪人生に大切なことですよね。

カフェなどで気分を変えて作業することもアリ!

ずっと自宅にいる身分だからと言って、必ずしもずっと自宅にいなければならない訳ではありません。自宅にいてばかりなのが窮屈に感じたら、外の空気を吸いながら仕事や勉強をしても良いのです。

ただ、在宅ワーカーでも、自宅の中でしか扱えないような情報を扱っていたり、特別な用具を必要とする仕事だとなかなか外に出て仕事は難しいかも知れませんね。そうでない場合には、ノートパソコンや端末、書籍を持ち歩いたりなどして、カフェやファミレス、レストランなどで仕事や勉強をしてみるのも有りです。他の場所に移るにしても、徒歩か自転車など適度な運動をしながら移動することもお勧めです。

ある程度、経済的な余裕があればの話ですが、「この仕事はカフェでこなして、あの仕事は自宅でこなす。」なんて言うふうに、場所分けして毎日の勤務スケジュールをこなすのも効率的です。経済的に余裕が無ければ、仕事をする部屋を分けて、途中で休憩を挟んで適度な運動を入れるのでも構いません。他には、サラリーマンや学生に休みがあるように、在宅ワーカーや自宅浪人生にも休みは必須です。週に1回は何も考えない日を作っても、気分をリフレッシュする日にしてみてはいかがでしょうか。

参考:専業主婦のお母さんに付き物のストレスとは?




  投稿 @5:00 AM

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)