7月 282015
 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た作用をする成分として多くの女性が積極的な摂取を心掛けていますよね。肌を綺麗にする効果があるとか、生理によるトラブルを軽減してくれるなど女性にとって嬉しい効果が多いことで知られていますよね。

大豆イソフラボンの豊富に含まれているものの中でも、豆乳は良質のタンパク質として言われている植物性タンパク質まで摂取することが出来るのです。

大豆イソブラボンの取りすぎに注意!

最近では、単なる豆乳ではなく、豆乳鍋を美味しく味わいながら他の栄養と一緒に豆乳を摂取することも出来ますよね。さらに、飲み物の豆乳でも、チョコレート豆乳や抹茶豆乳などと豆乳に一味加えて飲みやすくなったものもありますよね。だからこそ、豆乳を積極的に摂取しようと考えている方にとっては、自分の好きな方法で豆乳を美味しく摂取することが出来てしまうのです。

ただ、どんな食べ物においても、心配されるのが過剰摂取による健康被害ですよね。実は、豆乳の大豆イソフラボンも、摂りすぎては不味い成分のようです。仏食品衛生安全庁では、1日に摂取する大豆イソフラボンは体重1kg当たり1mgは超えないようにした方が良いと注意を促しているようです。

女性ホルモンに似た作用の大豆イソブラボン:過剰摂取は禁物

例えば、体重が50kgの方は、1日に50mgまで大豆イソフラボンを摂取しても良いことになります。もしこの量を超えて摂取してしまうと、健康的なリスクを高める危険性があるようです。しかも、乳がんの経験のある方、乳がんになったことのある家族がいる場合には、過剰摂取に注意するようにも促しています。先に「大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用をする。」と言うように述べましたが、女性にとってホルモンバランスはとても重要なものです。ホルモンバランスが乱れている方にとっては、大豆イソフラボンの作用でコントロールできるかも知れません。

ところが、ホルモンが十分な方が大豆イソフラボンを過剰に摂取しても、かえってホルモンバランスを乱してしまうことも考えられますよね。ホルモンバランスに関係するサプリメントだと、1日の目安摂取量がしっかりと決められていて過剰摂取に注意するよう注意書きなどで呼び掛けているものが多いですよね。

大豆イソブラボン入り化粧品で外側からのケア

「たくさん摂取すればするほど良い効果が得られそう。」なんて思ってしまいそうですが、大豆イソフラボンに関しては決してそんなことはありません。

健康にも美容にも良い効果を確実に得るためには、欲張っては駄目で適度を心掛けることが大切ですね。

ちなみに、大豆イソフラボンを美容に役立てたい方は、化粧水や美容液にも大豆イソフラボンが使われているものが多いですよね。目立つような大きな文字で「大豆イソフラボン」と書かれているものもありますよね。食品は体内から体を美しくしてくれるものですが、化粧品は外から体を美しくしてくれます。食品で過剰摂取になりそうな分は、外からのケアで上手く大豆イソフラボンを取り入れてみるのも良いかも知れませんね。

参考:大豆イソフラボンは美肌に効果的




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)