3月 062015
 

妊娠初期と言えば、つわりの酷い時期で多くの妊婦さんにとって辛い時期ですよね。つわりの胃の不快感や吐き気、食欲不振などの症状が酷く、「こんな時こそ胃薬でも使えたら良いのに。」なんて思う方もいるでしょう。

そう思いつつも、「お腹の中の赤ちゃんに悪影響でもあってはいけない。」と思って、胃薬を使用することはほとんどの妊婦さんが考えないでしょうが。

実は、妊娠中でも飲むことの出来る胃薬もあるようですよ。

妊娠初期のつわりによる胃の不快感を軽減 エビオス錠

ここで初めてこんな情報を知った方は、「こんな貴重な情報を早く知りたかった!」と思うかも知れませんね。

有名な胃薬だと、まずは「エビオス錠」がありますよね。

この薬では、ビール酵母に含まれている成分が胃腸の働きを改善してくれるようです。

しかも、つわりで不足しがちな栄養を補給することも出来ると言う優れ物の胃腸薬なのです。実際にエビオス錠を使用して、「つわりが楽になった。」と言う妊婦さんもいるようですね。

それから、「新ビオフェルミンS錠」妊娠中に使用することも出来る胃薬です。

健康な人の腸内に住んでいる乳酸菌が薬になったもので、有害な成分はほとんど無く安心だと言われている胃薬です。

このように妊娠中に使用できる胃薬があると、つわりで苦しい時期も心強いものですよね。

ただ、どんな薬でも「悪影響が全くない。」なんて言う保証はありません。なので、市販の薬に関しては、産婦人科で確認してから胃薬を使用するのが良いかも知れませんね。

市販薬を服用するときには、医師に相談を

仮に医師から「使用してはいけない。」と言う指示があっても、代わりにつわりを軽減する漢方薬を処方してくれたり、点滴を打ってもらえる可能性もあります。

点滴は栄養補給だけのものだと思われがちですが、実は病院によってはつわりを軽減する制吐剤が使われていることもあります。

それで、「点滴を打ったら楽になった。」と言う方も少なくありません。出来ることなら少しでも安全性の高い薬を選択した方が良いでしょうから、医師に処方してもらえる薬が一番でしょうね。

関連記事:妊娠中のつわりを軽くする即効薬のようなものはないの?【つわり 軽減】

妊娠中に使用してはいけない薬 ガスター10、アバロンZ等

また、妊娠中に使用してはいけないと言う薬には、有名なものだと「ガスター10」があります。この薬で使われているH2ブロッカーは、かなり作用が強い成分のようですね。「アバロンZ」にもガスター10と同じようにH2ブロッカーが使われています。

いずれの薬の説明にも妊娠中は使用しないよう注意が書かれているので、お腹の中の赤ちゃんのためにも必ず注意を守りましょう。

妊娠中に使用してはいけない薬に関しては、説明に妊娠中は使用しないよう注意書きが書かれていることが多いです。

でも、中にはこの注意書きが抜けていて、妊娠中に使用しては不味いものもあるかも知れません。妊娠中に薬を使用したくなったら、取り敢えずは医師に相談した方が確実ですね。もちろん、今現在妊娠していなくても、妊娠の可能性がある方や妊娠を望んでいる方に関しても、もしもの時に備えて薬の使用は控えた方が良いかも知れませんね。

妊娠中の栄養不足に⇒ベルタ葉酸サプリなら必要な栄養が取れます




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)