3月 112016
 

身長を伸ばすためには、カルシウムをいっぱい取りましょう。」などとよく言いますよね。それで、頑張って牛乳を飲んだり、小魚を食べたりなどして、カルシウムを多く摂取している子供も多いでしょう。でも、そんなことをして、本当に身長を伸ばすことはできるのでしょうか。皆さんの中にも、「子供の頃に一生懸命カルシウムを摂ってたけど、それほど思うような効果が期待できなかった。」と言う人がいるのではないでしょうか。

もちろん、栄養をバランス良く摂取することも大切!【五大栄養素】

自分自身が子供時代に思うように身長を伸ばすことができなければ、せめてこの失敗を自分の子供には活かしてあげられると良いですよね。

そこで、子供の身長を伸ばすために大切なことと言えば、まずはバランスの良い栄養摂取が挙げられます。もちろん、カルシウムだけをひたすら摂取していても、あまり意味がありません。ちなみに、カルシウムの働きはあくまでも骨を強くすることに留まり、本当は骨を伸ばすためにはタンパク質が必要です。

また、タンパク質を身長を伸ばすために使うためには、ビタミンを摂取するのが効果的です。タンパク質は肉や魚、卵、大豆などに、ビタミンは野菜や果物などに豊富に含まれています。

十分な睡眠を取ることも大切!【成長ホルモンの分泌を最大限に引き出す】

子供の身長を伸ばすためには、栄養だけを摂取しても、それを有効に使えるような体の状態にしなければ意味がありません。

そこで、規則正しい生活を送って、十分な睡眠を取ることです。実は、睡眠中は、子供の身長を伸ばすために必要な成長ホルモンが分泌されやすい時間帯です。

しかも、深い睡眠であるほど、成長ホルモンの分泌が良くなります。寝る前に血糖値が高い状態にすると、成長ホルモンの分泌が減ってしまうため、食事は寝る2時間前までには終わらせましょう。

また、成長ホルモンがもっとも分泌されやすい時間帯は夜の22時から2時までの間ですので、この時間帯に深い睡眠が取れるのがベストです。幼児は10時間以上、小学校低学年の子供は9時間以上、小学校高学年の子供は8時間以上睡眠が取れると良いと言われています。遅くても夜9時までには就寝していましょう。

適度な運動も子供の身長を伸ばすのに効果的!【運動と休息】

6b67276b611df12224b6b1a500ee5b36_s

適度な運動には、成長ホルモンの分泌を促進する効果があると言われています。

身長を伸ばすための運動としては、バスケやバレー、高跳びなどのジャンプをする運動が良いと思われがちです。確かに、これらの運動も効果的なのですが、ジャンプをする運動でなくても大丈夫です。適度なウォーキングやジョギングだけでも、十分良い運動です。

逆に、いくら部活動とは言え、あまりに激しすぎる運動は体に負担がかかるので、あくまでも適度にしておくのが良いです。どうしてもと言う場合には、1日1日しっかりと睡眠を取ること、最低でも週に1回はお休みを設けることを心掛けましょう。

参考:子供の身長を高くするにはストレスフリーな方が良い?【身長とメンタルの意外な関係】




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)