6月 252015
 

「専業主婦は1日家にいるのだから、楽ではないか。」なんて思う方は多いでしょう。確かに、小さいお子さんがいる訳でもなく自宅でマイペースに家事をこなせば良いだけの専業主婦であれば、楽なのかもしれませんね。

でも、小さいお子さんのいる方の場合は、専業主婦であってもマイペースに過ごす訳には行かないですよね。「子供を保育所に預けたい。」と思っていても、「自宅にいるのに、3歳未満の子供を保育所に預けるなんて。」と気が引けてしまうことはありませんか。

自分の時間が持てないことへのストレス

ただ、こういう使命感が育児ストレスの原因となることがあるので、注意が必要です。例えば、働いているお母さんの子供は、朝9時くらいから午後5時くらいまでの1日の3分の1近くの時間を過ごす訳ですよね。この間は勤務しているとは言え、お母さんは自分だけの時間を保つことができます。

逆に、自宅で子供と一緒に過ごしている専業主婦のお母さんだと、常に子供中心の時間を送らなければならないのです。
「美容室に行きたい。」
「1人でショッピングを楽しみたい。」
「友人とランチやディナーに行きたい。」
こんな気持ちがあっても、子供を自宅に置いて自分だけで外出する訳には行かないですよね。おむつの交換をしたり、ご飯を食べさせたり、散らかった部屋を片付けたりなど子供のためにしなければならないことも多く、自宅で趣味の活動をしようにも子供の世話で中断しなければならないことも多いのです。

一時預かりなどを利用して、リフレッシュしましょう!

こんな自分のやりたいことが思うようにできない生活が続けば、育児ストレスが溜まるのも無理はありません。対策としては、「費用がかかる。」とか「自分が世話をしなければならない。」などという育児への使命感は捨てて、数時間程度の一時保育でも良いので利用して少しでも気持ちを解放させることです。

使命感にとらわれて常にイライラしているお母さん、少しでも自分の時間を持つことができて気持ちにゆとりのあるお母さん、あなたならどちらのお母さんが好きですか。後者を選ぶ方が多いのではないでしょうか。自分が後者を選びたくなるのであれば、やはり自分自身も後者になることは大切ですよね。

子供にとっても、社会経験をすることは、メリットがある。

また、「小さい子供と離れるのは心配。」と思うお母さんも多いでしょうが、子供を保育所に預けることにもちゃんとメリットはあります。常に子供と一緒の時間を迎えていると、子供はなかなか親離れしなくなってしまいます。保育所ではお母さん以外の大人である先生もいますし、子供と同年代のお友達もたくさんいます。保育所でちょっとした社会を経験させるのは、色々な人に慣れてコミュニケーション能力を育てていくのに良いトレーニングになります。

「いずれは義務教育の時期を迎えて集団生活をすることになるから。」なんて言うお母さんもいますが、子供が小さいうちから色々な経験をさせることも今後の人間形成に大いに役立つと思いますよ。

保育所には保育所にしかないメリットがあることをよく理解して、メリットを得ながらお母さんが心身を楽をする方法としてぜひ保育所を利用してみてくださいね。

参考:一時保育、罪悪感なんて捨ててリフレッシュしませんか?




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)