6月 192015
 

生理中にトイレに行くと必ず気になるのが、出血の量と臭いですよね。出血量はナプキンを変えれば何とかなりますが、臭いともなると時にはトイレだけではなく、普通に過ごしている時も気になってしまうことはありませんか。生理中の臭いは多くの方が経験したことのあるもので、実は臭いの原因は自分自身のケアにあるのです。

逆に言うと、ちょっとしたことに気を遣うだけで、だいぶデリケートゾーンの状態は改善できるはずです。まずは、長時間も同じナプキンを引き続き使用していることはありませんか。確かに、ナプキンもお金を出して購入している訳なので、ちょっとの出血ですぐにナプキンを交換するのはもったいないと思ってしまいますよね。

ナプキンを長時間つけっぱなしは臭いの原因に

でも、同じナプキンを使い続けていると、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうことになります。出血で温かくて湿気の多い環境は、まさに雑菌の好む環境ですよね。このような環境を少しでも作らないようにするためには、少なくとも3時間に1回はナプキンを交換することです。出血量が多い場合には、できることなら1時間置きにナプキンを交換した方が良いでしょうね。

いずれにしても、どんなに吸収性の良いナプキンであっても、どんなに出血量が少なくても3時間以上とか長時間付けるのはNGです。ちなみに、ナプキンだけではなく、おりものシートを使用している方も、少なくとも3時間で1回交換するよう心掛けてみてくださいね。生理の出血以外に、おりものも雑菌を繁殖させる原因になりますので。

参考:ナプキンの代わりになる月経カップとは?使用方法について

ショーツの通気性にもこだわって

もちろん、蒸れやすい湿気の多い環境を作らないためには、できるだけ通気性のこだわったショーツを身に付けることも大切です。生理中は、どちらかと言うと通気性よりも、ナプキンがずれないような少し窮屈めのショーツを使用している方も多いのではないでしょうか。また、ショーツの素材は、比較的お手頃価格の化学繊維と言う方も多いでしょう。これに関しても、汗に対する吸収性の高いもの、柔らかめの素材で肌に優しいもの、例えば綿素材が良いかも知れませんね。

アンダーヘアの処理も忘れずに

この他、日本人には、アンダーヘアを処理しない方が多いと言われています。最近は、アンダーヘアの脱毛を受けて、美容に気を使っている方が増えていますが、さすがに普段あまり見られることのない毛に対しては無関心な方も多いのではないでしょうか。

でも、アンダーヘアには血液が付着しますし、このまま長時間過ごしていれば臭いが発生することには間違いありません。もちろん、生理中とか生理前の肌のデリケートな時期に、アンダーヘアを処理するのもお勧めしません。生理が終わって一息ついたくらいの時期に、次の生理に備えてアンダーヘアを処理しておくと良いかも知れませんね。

他には、1日の入浴で膣周りの血液を流すことも大切です。このように考えると、デリケートゾーンを清潔に保つことがいかに大切かが分かりますよね。特に妊娠を望んでいる女性にとって、デリケートゾーンはとても大切な部分ですよね。




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)