5月 122016
 

「虫歯は、歯医者さんに行かなければ治すことができない!」と小さい頃から、周りの大人に言われて注意をしてきた人は多いでしょう。確かに、一度歯に空いてしまった穴に関しては、歯医者さんに行かなければ治すことができません。でも、穴が空く寸前の初期虫歯であれば、実は自分で治すことが可能です。では、初期虫歯を治すには、一体どうしたら良いのでしょうか。

歯を細かい部分までしっかり磨くこと:予防対策

Close up portrait of cute girl brushing teeth.

そもそも、虫歯を引き起こすのは、歯や歯と歯の間、歯と歯茎の間などに付いた歯垢です。なので、初期虫歯を治すために一番に心掛けたいのが、歯を細かい部分までしっかり磨くことです。「歯ブラシを歯に当てて、優しくマッサージをするように磨く。」と言うのは、多くの人が1日に1回は実践しているでしょう。

ただ、歯の表面は上手に磨けていても、歯と歯の間や歯と歯茎の間、歯並びの悪いところなどは上手く磨き切れていない人が多いものです。歯ブラシを当ててみて、ちゃんとブラシが当たっていないように感じる場合には、必要に応じて歯間ブラシやフロスなどを使用すると良いでしょう。

歯垢を除去してくれるおすすめの歯ブラシをご紹介

参考:歯垢を除去してくれるおすすめの歯ブラシソラデー【太陽電池で動く電動歯ブラシ】

フッ素で歯のケアを行うのも効果的!:歯を強化

0819f27b9a7643dcad70ac7fb4ee7e01_s

初期虫歯を治すためには、歯のエナメル質を修復して歯を丈夫にする効果のあるフッ素で、歯のケアを行うのもお勧めです。

フッ素は歯医者さんでも塗布してもらえるのですが、「定期的に歯医者さんに通うのは大変!」と言う人も多いでしょう。

こんな場合には、フッ素入りの歯磨き粉を上手く活用すると良いでしょう。ただ、せっかく歯磨き粉にフッ素が入っていても、歯に長く留まってくれなければ意味がありません。できるだけフッ素が長く留まってくれる良い歯磨き粉を選ぶのが、効率的です。

それで、フッ素入りに歯磨き粉を使用する時は歯全体に歯磨き粉を広げながら磨き、歯磨きを終えた後のすすぎは15mlほどの水で1回だけで十分です。

口の中を殺菌するケアも大切!:初期虫歯を改善

Fotolia_89099915_Subscription_Monthly_450

初期虫歯を自分で治すためには、口の中の菌を退治することも大切です。

特に虫歯を引き起こすミュータンス菌は、睡眠中の口の中が乾燥している時に増加します。歯磨き粉に殺菌作用がある場合もあるのですが、必要に応じてデンタルリンスを活用するのもお勧めです。

歯磨きの後、就寝の前にデンタルリンスを使いながらのうがいを習慣にすると、初期虫歯が改善することもあります。ただ、デンタルリンスはアルコールの含まれているものが多いので、刺激が気になる場合、妊娠中や授乳中に使う場合、お子さんに使う場合などはアルコールフリーのものを選ぶのが良いでしょう。

歯肉炎の家庭での改善法はコチラ

参考②:歯肉炎は自宅で改善可能?歯肉炎を改善するための生活習慣は?




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)