3月 312016
 

胃の病気と聞いて胃炎同様にすぐに思い付く病気と言えば、胃潰瘍なのではないでしょうか。胃の病気と聞くだけでもいかにも辛そうな病気と言う感じがしますが、胃潰瘍も経験者の多くが二度となりたくないと思うくらいに辛い症状の病気です。では、こんな胃潰瘍とは一体どういう病気で、万一胃潰瘍になった時にはどういうふうに対策したら良いのでしょうか。

胃潰瘍とはどういう病気?【自覚症状が出る】

「胃潰瘍」と言う名前だけよく聞くものの、具体的な症状については分からない人が多いでしょう。まず、私たちの胃は正常であれば、胃の壁面が胃液で溶けないように粘膜によって守られているのです。

しかし、何らかの原因で胃の保護機能が低下してしまうと、胃の壁面がどんどん溶けて削られてしまいます。もちろん、こんな状態になったら、当然何らかの症状を感じるはずです。胃潰瘍の主な症状としては、胃の痛みや吐き気、食欲不振、体重の減少などが挙げられます。

胃の痛みは軽度の人であれば鈍痛程度で、症状の酷い人だと激痛を感じることがあります。そして、吐き気に関しては、嘔吐してしまう人もいれば、吐血してしまう人もいます。

胃潰瘍の発症にはピロリ菌が関係している?【ピロリ菌は除菌できる】

ピロリ菌は胃液で強い酸性の環境にもかかわらず、胃の中で生きることができる菌です。

実は、胃潰瘍や胃炎などの胃の病気を引き起こしているのは、ピロリ菌だと言われています。ピロリ菌は抗生物質によって、除去することができます。それで、ピロリ菌を除去すると、胃潰瘍の発症率を20分の1以下に止めることができます。

残念ながら胃潰瘍の発症を完全に抑えるとまでは行きませんが、20分の1も抑えられると不快な症状もだいぶ抑えることができるはずです。

ちなみに、内視鏡検査などの検査で胃潰瘍だと診断されて、ピロリ菌がいると考えられる場合には、保険適用での治療として抗生物質でピロリ菌を除去してもらうことができます。

症状に気付いたらどうすべき?【保険適用の為にもまず検査をしよう】

Fotolia_75355801_Subscription_Monthly_M

「もしかしたら胃潰瘍?」と感じた時には、すぐにでも医者にかかって検査を受けるべきです。そして、本当に胃潰瘍だと言うことになれば、胃潰瘍の進行を抑えて胃の壁面が削れるのを阻止するために、粘膜保護剤や胃酸分泌抑制剤などの薬で治療を行うことになります。

また、ピロリ菌による感染が考えられる場合には、先に述べたように抗生物質を使ってピロリ菌を除去する治療を行います。胃の痛みが酷い場合には病院に行く気になれないかも知れませんが、万一のことを考えてすぐにでも医者にかかっておいた方が、これ以上症状を悪化させずに済みます。

参考①:おもな胃の病気
参考②:生活習慣病の一つ!胃がんとはどういう病気?【原因と治療法】




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)