4月 192016
 

生後8ヶ月頃まではミルクが赤ちゃんの主な栄養源となるので、フォローアップミルクよりもカロリーの高いミルクを飲ませますよね。でも、生後9ヶ月頃からフォローアップミルクに切り替える人が多いでしょう。ここで、「このタイミングでフォローアップミルクに切り替えても大丈夫なのだろうか?」とか「フォローアップミルクはいつまで飲ませたら良いのだろう?」と疑問を持つママも多いのではないでしょうか。

そもそもフォローアップミルクってどういうものなの?【必要性について】

413310f730e36a07643165caedcf60ba_s

フォローアップミルクは今まで赤ちゃんに飲ませていたミルクに比べると栄養価は落ちますが、飲まないよりはバランス良く栄養が摂れるものです。

一般的な目安で行くと生後5~6ヶ月頃に離乳食が始まって、2回食に切り替わるのは生後7~8ヶ月くらいですよね。そして、3回食に切り替わるのが、生後9ヶ月以降でしょう。

ただ、3回食に切り替わったからと言って、大人の3回食のように十分な栄養が摂れているとは限りませんよね。だからと言って、今までのミルクでは、栄養の過剰摂取に繋がることもあります。

フォローアップミルクは離乳食ではまだ十分に足りていない栄養を補給するもので、大人で言うサプリメントのようなものだと考えて良いでしょう。

フォローアップミルクはどういう時に飲ませたら良いの?【赤ちゃんの栄養不足】

フォローアップミルクはあくまでも離乳食で足りていない栄養を補給するものに過ぎないので、離乳食だけで十分とママが判断すれば赤ちゃんに飲ませる必要はありません

ここで、赤ちゃんが栄養不足だと判断する基準なのですが、母乳の量、赤ちゃんの食べ物の好き嫌い、離乳食の量などが挙げられます。母乳育児だと離乳食の進み具合によっては、母乳の出が減って赤ちゃんの栄養が心配になることもありますよね。

それから、食べ物の好き嫌いがあると栄養が偏ってしまうのは、大人だけではなく赤ちゃんも同じですよね。なかなか離乳食が進まず離乳食の量が少ない場合にも、当然赤ちゃんの栄養が心配ですよね。このような場合には、赤ちゃんの様子を見ながらフォローアップミルクを追加しましょう。

他には、1歳未満の赤ちゃんやアレルギー持ちの赤ちゃんは牛乳を飲むことができないので、牛乳の代わりにフォローアップミルクを飲ませるのも有りです。

フォローアップミルクを飲ませる時期は?【離乳食の補助として】

3470751875aa3dcebe304a9d6502f630_s

フォローアップミルクは離乳食の補助的な役割なので、3回食に切り替わってある程度の量の食事が摂れるようになった生後9ヶ月以降が良いです。生後8ヶ月頃までの間にフォローアップミルクを与えると、栄養が不十分になってしまうことがあるので、生後8ヶ月頃までは今までのミルクを飲ませましょう。

ただ、ミルクの缶に「生後9ヶ月頃から」と書いてあるからと言って、生後9ヶ月になったら絶対にフォローアップミルクに切り替えなければいけないと言う訳ではありません。生後9ヶ月になっても3回食になっていなかったり、一般的な目安よりも圧倒的に食事量が少ないと感じた時には、今までのミルクを与えた方が安心です。

また、いつまでフォローアップミルクを与えれば良いかですが、3歳くらいまでの間で栄養バランスに応じて決めれば大丈夫です。

参考①:赤ちゃんのミルクや哺乳瓶はいつまで?【ミルクをやめるタイミングについて】

参考②:フォローアップミルクは必要?いつからいつまで?量や飲ませ方は?




 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)