髪のパサパサを改善させる食品とは?【サラサラの髪になる方法】

乾燥しやすい季節もあるのですが、髪の潤いは肌と同じで年齢とともに失われるものです。髪がパサパサしていることに気付いたら、「もう髪の老化が始まっているのかも!」と危機感を持った方が良いでしょう。ただ、慌ててケアを始めるにしても、どういうケアをしたら良いのか、なかなか思い浮かばない人も多いのではないでしょうか。では、今回はパサパサの髪をケアするのに役立つ食品をご紹介しましょう。

髪のケアにお勧めのオイルは?【世界三大オイル】

c6b42c9c866b2b1e47a155fe44a5b4eb_s

髪がパサパサになった時にお勧めのオイルと言えば、ココナッツオイルやオリーブオイル、馬油、椿油などがあります。

まず、ココナッツオイルやオリーブオイルにはビタミンEが含まれており、ダメージを受けた髪のキューティクルの修復に効果を発揮してくれます。

馬油は私たち人間の皮脂に近い成分でできていて、優れた浸透性で髪に潤いを与えてくれて、抗酸化作用や殺菌作用まで発揮してくれます。

椿油は平安時代から使われてきた伝統的な美容オイルで、馬油と同じように人間の皮脂に近い成分でできています。髪に潤いや柔軟性を与える効果が期待できます。

ちなみに、オリーブオイルと椿油は、ホホバオイルとともに世界三大オイルだと言われています。ケアの仕方は、髪にオイルを付けて蒸しタオルで頭を包み、10分ほど時間を置くだけです。

髪のケアにお勧めの調味料は?【酢リンスでphバランスを整える】

パサパサになった髪のケアとして、シャンプーの時にを使用するのも良いと言われています。

頭皮のpHが酢によって正常化されて、髪に潤いを与えてくれると同時に、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを予防する効果に繋がります。ちなみに、髪のケアに使用する酢は通常の食用酢でも良いですし、リンゴ酢でも大丈夫です。

いずれにしても酢をそのままの濃度で使用するのは刺激が強すぎるので、2倍くらいの水で薄めて髪に使用してください。2倍でも刺激を感じる場合には、もう少し水を多めにして薄めた方が良いかも知れません。そして、酢を使った髪のケアは、週に1回程度行えば十分です。

髪のケアにお勧めのアルコールは?

意外なことに、ビールも髪のケアに効果的だと言われています。ビールにはタンパク質が含まれており、このタンパク質が髪のダメージを修復してくれるのです。仕上がりの髪が滑らかでつやつやになるので、一度使うと癖になってしまう人もいます。

それで、ビールの使い方ですが、髪に付けるだけです。適度に髪に馴染ませるためには、ビールをスプレー容器に詰め替えて噴きかけながら使用するのが良いでしょう。

ここで、「ビールを使うと、アルコール臭できつくなるのは?」と心配する人もいるかも知れません。でも、アルコールの臭いは乾燥すれば飛んでしまうので、それほど心配することはありません。

参考サイト:

椿油(椿オイル・カメリアオイル)の効果効能と使い方|髪や頭皮、顔のケアに最高!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です