5月 142016
 

「老眼は40代から始まるから、自分はまだ大丈夫!」なんて思っていたら、大間違いです。実は、最近は10代や20代の若い人の間でも、スマホの使用が原因で老眼になる人もいるのです。小学生のお子さんなら、それほど視力の心配をしないかも知れません。でも、最近の小学生には、1.0未満の視力の子が3割以上もいるようです。では、ここ最近若い人に増えているスマホ老眼とは、一体どういうものなのでしょうか。 Read more....

5月 122016
 

「虫歯は、歯医者さんに行かなければ治すことができない!」と小さい頃から、周りの大人に言われて注意をしてきた人は多いでしょう。確かに、一度歯に空いてしまった穴に関しては、歯医者さんに行かなければ治すことができません。でも、穴が空く寸前の初期虫歯であれば、実は自分で治すことが可能です。では、初期虫歯を治すには、一体どうしたら良いのでしょうか。 Read more....

5月 112016
 

抱っこが必要な小さいお子さんの育児中のママの多くが、肩こりや腰痛、膝痛などの様々な体の痛みを訴えています。「産後で疲れた体が、まだ回復し切れていないのかな?」と思うママもいるのですが、産後1年以上経ったママでも体の痛みを訴えるママは多いです。では、育児中に起こりやすい体の痛みや解消法について見ていきましょう。 Read more....

5月 042016
 

腰が極端に反っている状態を「反り腰」と言うのですが、「反り腰なら前に向かって丸まるよりも良いのでは?」と思っている人もいるかも知れません。ただ、反り腰は体の重心がずれている状態でもあるので、腰に負担がかかって腰痛になりやすく、下半身太りの原因にもなります。スタイル美人を目指すためには、やはり反り腰を改善した方が良いです。では、反り腰を改善するには、一体どうしたら良いのでしょうか。 Read more....

5月 032016
 

「花粉症は春特有のトラブル!」と思っている人はいませんか。確かに、春に飛んでいる花粉にだけアレルギーを感じやすい人であれば、春特有のトラブルとして考えても良いかも知れませんね。でも、中には秋に入ってからも、春と同じような花粉症の症状に悩まされている人もいるのです。では、秋の花粉症対策のために夏のうちからできることには、一体どういうことがあるのでしょうか。 Read more....

5月 022016
 

「コンタクトレンズが無いと何もできない。」と言うくらいに、著しく視力が低下している人はいませんか。毎日のようにコンタクトレンズを使用している人であれば、一度は「コンタクトレンズをはめると目が痛い。」と言うことがあるでしょう。こんな時に痛みを我慢して、いつも通りコンタクトレンズをしている人はいませんか。これって、大丈夫なのでしょうか。 Read more....

5月 012016
 

「職場にきちんとした喫煙スペースが無くて、日常的にタバコの煙を吸っている。」「歩きタバコをしている人の煙を吸うことが多い。」「家族がタバコを吸っていて煙を吸うことが多い。」このような受動喫煙に悩まされている人はいませんか。自分は全く喫煙する気が無いのに、人のタバコの煙を吸う環境に置かれているのには、不愉快に感じる人も多いでしょう。こんな人には、ニコチンの排出を促す食品を積極的に摂取することをお勧めします。 Read more....

4月 292016
 

一言で「胃薬」と言っても胃薬には種類があって、胃薬の種類によって期待できる効果は大きく異なります。ごく当たり前のことですが、胃の不調ならどういう胃薬でも同じように良い効果が期待できると言う訳ではありません。どういう不調かによって、自分に合った胃薬は異なります。では、胃薬の効果を十分に実感するためには、一体どのような種類の胃薬を選んだら良いのでしょうか。 Read more....

4月 282016
 

最近感染の拡大が心配されている「ジカ熱」と言う病気を、ニュースなどで聞いたことのある人は多いでしょう。「ジカ熱の流行しているブラジルに滞在して、日本に帰国した人で感染が確認された。」と言うニュースもありましたよね。ジカ熱と聞いて蚊に刺されて移ることは知っていても、具体的にはどういう病気なのか知らない人も多いでしょう。では、ジカ熱について見てみましょう。 Read more....

4月 272016
 

よくテレビCMで紹介されている青汁には色々なメーカーのものがあるのですが、「自分も健康にために飲んでみようかな!」と気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで、青汁を選ぶ際に、何となく有名なメーカー、値段などを基準に検討する人は多いでしょう。でも、青汁を上手く利用するためには、原料をチェックして選ぶのがお勧めです。では、自分に合った青汁の原料を探してみましょう。 Read more....

4月 252016
 

生理前から生理中にかけて、腹痛や下痢に悩まされることはありませんか。通常であれば決まった時間に排便を済ませるはずなのに、いつ起こるか分からない腹痛や下痢、何度も起こる腹痛や下痢に不安を抱えることもあるでしょう。さすがに毎月の生理前から生理中にかけてこのような症状があると、大事な予定もいれにくいですし、時には仕事や家事、育児などにも支障が出てしまうことがありますよね。では、生理前から生理中にかけて起こりやすい下痢の対策方法について見ていきましょう。 Read more....

4月 242016
 

美容効果のある藻の仲間で、「ミドリムシ(ユーグレナ)」と言う生物を知っていますか。ミドリムシは名前だけ聞くと虫だと思ってしまうかも知れませんが、実は動物と植物の両方の性質を併せ持っています。だからこそ、様々な栄養素が含まれていて、美容効果が期待できるようです。では、ミドリムシの美容効果について、詳しく見ていきましょう。 Read more....

頻繁な耳掃除は危険!耳掃除で注意すべきことは?【外耳炎、難聴にならないために】

 スキンケア, 耳かき  頻繁な耳掃除は危険!耳掃除で注意すべきことは?【外耳炎、難聴にならないために】 はコメントを受け付けていません。
4月 222016
 

耳掃除をして耳を綺麗にすることは良いことのように思われがちですが、あまりに頻繁に耳掃除をするのも良くないようです。耳垢を確実に除去できるどころか、かえって耳を傷付けてしまう危険性もあるようです。では、耳掃除はどのくらいの頻度で、どういう点に注意して行ったら良いのでしょうか。 Read more....

4月 212016
 

睡眠は長い時間取ればとるほど、健康だと言う訳ではありません。長時間の睡眠は心地良く感じますが、あくまでも自己満足に過ぎないようです。実は、ある研究では、睡眠を長く取っている人ほど、寿命が短くなりやすいことが確認されています。これが本当であれば、今まで睡眠に使っていた時間をもう少し有効に使うことができて、生活の充実度も変わってくるかも知れませんね。 Read more....

4月 202016
 

日焼け止めには色々な種類があるのですが、「顔用」と「体用」などの種類だけで選んでいる人はいませんか。あるいは、時期限定で使用している人なら、お手頃品を選んで購入する人も多いかも知れませんね。でも、日焼け止めはどれを選んでも同じだと思ったら、大間違いです。紫外線にも種類がありますし、種類によって機能の違いもあります。自分に合った日焼け止めを賢くセレクトできると良いですよね。 Read more....

4月 192016
 

生後8ヶ月頃まではミルクが赤ちゃんの主な栄養源となるので、フォローアップミルクよりもカロリーの高いミルクを飲ませますよね。でも、生後9ヶ月頃からフォローアップミルクに切り替える人が多いでしょう。ここで、「このタイミングでフォローアップミルクに切り替えても大丈夫なのだろうか?」とか「フォローアップミルクはいつまで飲ませたら良いのだろう?」と疑問を持つママも多いのではないでしょうか。 Read more....

4月 182016
 

洗顔によって肌に受けるダメージと言えば、洗顔料によるダメージ、水によるダメージ、肌を擦るダメージなど様々なダメージが考えられますよね。洗顔は毎日のことなので、毎日のように間違った洗顔を行っていると、日々肌にダメージが募ってしまいます。では、刺激を最小限に抑えて美肌をキープするためには、一体どのようなことに注意して洗顔を行ったら良いのでしょうか。 Read more....

4月 152016
 

効率的に筋肉を付けるためには、運動を行うだけではなく、筋肉になる栄養を摂ることも大切です。筋肉になる栄養として、筋肉を付けるために摂取しておきたいのがプロテインです。ただ、プロテインにも色々な種類があって、どれを摂取しても同じような効果が期待できると言う訳ではありません。自分に合った種類のものを賢く選んで、筋力アップに役立てましょう。 Read more....

4月 122016
 

胃の不調は多くの人が感じやすいものですが、感じたことのある人にしか分からない不快感が何とも辛いですよね。こんな胃の不調を感じた時に、まず考えられる病気に胃炎があります。名前だけ聞いたことがあっても、具体的にはどういう病気なのか知らない人が多いのではないでしょうか。では、胃炎の症状や対策法などについて見ていきましょう。 Read more....

4月 112016
 

ブルーベリーは目に良い食品としてよく知られているのですが、実は他にも様々な健康効果があると言われています。ただ、ブルーベリーをちょっと食事に取り入れるだけでは、残念ながら必要量のブルーベリーを摂取することはできないのです。ブルーベリーにどういう健康効果を期待するかによって必要量は異なるものの、場合によっては生のブルーベリーを500g以上も摂取した方が良いこともあるようです。では、ブルーベリーの具体的な効果と摂取の目安について見ていきましょう。 Read more....